top of page
  • Aya

『Codaあいのうた』

先日、試写会へにて『Codaあいのうた』を観てきました。

詳細は公式からご覧ください。
















映画の中ではほんの一言の説明しかないのですが、この"coda"とは、

Children of Deaf Adultsの頭文字を取った言葉で、ろう者の親を持つ、

健聴の子供のことだそうです。

音楽用語の中にもコーダという言葉があるので、そちらのこと?と

思いましたが、あらすじを見たら前者であることがわかります。


最近ではヤングケアラーというのをよく聞きますが、主人公のルビーも

それに当たるのかなと思います。

家族のためには自分が頑張らないと、自分のことは後回し、進学はしない、

そんなことを映画の中でも言っていました。


ルビーは家族の中でひとりの健聴者。

ルビー役のエミリア・ジョーンズはとっても素直で素敵な声でした。

父親役のトロイ・コッツァー、母親役のマリー・マトリン、

兄役のダニエル・デュラントは実際にろう者ですが、みなさん役者さんとして

活躍されていらっしゃいます。

ルビーが一緒にデュエットをする、マイルズ役のフェルディア・ウォルシュ=ピーロは

私が大好きな映画『シングストリート』の主役の男の子だったと分かってびっくり。


私は手話を理解できませんが、ろう者の方とお話しをしたこともあり、手話もとっても

表現は豊かですし、盛り上がってくると騒々しさすら感じる部分は、声を出して

会話をするのと同じです。

手話では顔の表情がとても重要なので、余計にぐっときました。


試写会に行かせていただきましたが、もともとこの作品は映画館で観ようと

思っていた作品でした。

ルビーが歌う場面を予告でみたのですが、声が好きでしたし、映画の中で

歌われる曲が大好で、それを聴いただけで涙が出るほどです。

私もずっと歌いたいと思っている曲。


映画の内容は…少々…な表現もあったり、笑えるところもたくさんありますが

涙が止まらない場面も。


映画を見て、歌えるって本当にありがたいことだと思いました。

何かを伝えられるような声でありたい。

私の声はギフトだと言われたことがあります。うれしかったな。

大事に、たくさん使っていきたいと思います。


 

2022年2月23日、アルバムをリリースいたします。

各種オンラインストアよりご予約いただけます。

・ディスクユニオン https://gaga.ne.jp/coda/

・Amazon


同日、2/23、学芸大学の珈琲美学さんにてライブを行います。

Open 11:30 /1st 12:30-13:30 / 2nd 14:00-15:00

入れ替えはありません。内容も変えてお届けいたします。

ピアノに堀秀彰さん、ギターに馬場孝喜さんと3人でお届けいたします。


お申し込みはお店へご連絡いただくか、私へDM等まで連絡ください。https://www.jazz.co.jp/LiveHouse/Smp/live_datail.html?LV_ID=1503&ID=117341


最新記事

すべて表示

新年度のスタート

前回ブログを更新して、ひとつきが経ってしまいました! ごめんなさい。 4月1日は、新しい生活が始まる方も多いかと思います。 出会いもあり、別れもあり、ポジティブな気持ちの方も、少し不安のある方もいらっしゃるかもしれません。 私もそんな時がありました。 でも、いつでも変わらないのはヘッドホンの中の世界でした。 そこには私の居場所がありました。 どんなことがあっても、悲しくても寂しくても悔しくても怒っ

Comments


bottom of page